内祝いを選ぶとき、どこで購入するか迷うことがありますよね。購入場所には、大きく分けると通販を利用する方法と、実際にある店舗で選ぶ方法があります。それぞれの場合でメリットやデメリットがあるので紹介します。

通販で内祝いを購入する場合

通販で内祝いを購入する場合は、インターネットのサイトを利用したり、カタログを利用したりする方法があります。通販を利用して内祝いを準備する時には、メリットとデメリットがあります。メリット、デメリットを紹介するので参考にしてください。

通販で内祝いを購入する場合のメリット

通販で内祝いを購入する場合のデメリット

通販で内祝いを購入する時のポイント

実際の店舗で内祝いを購入する場合

実際の店舗に足を運んで内祝いを購入する場合は、デパートやショッピングセンターを利用することが多いでしょう。実際の店舗で内祝いを購入する場合、気を付けるべき点やお得な点があります。特徴を抑えて、後悔のないようにしましょう。

実際の店舗で内祝いを購入するメリット

インターネットが発達した社会において、内祝いをオンラインストアで注文してそのまま相手方に送付する人が増えてきていますが、なるべくであれば実際の店舗で購入するのがおすすめです。というのも、店頭購入に…

実際の店舗で内祝いを購入するデメリット

内祝いは、結婚や出産などのお祝い事に際して、お祝いをするために送る贈り物、あるいはお祝いでもらった品物に対する返礼として渡す贈り物のことです。近年ではインターネットを活用して通販で購入する人も増え…

実際の店舗で内祝いを購入する時にあると便利な物

内祝いを送る人のリストを持参しよう

実際の店舗で内祝いを購入する場合、店舗から発送をする場合も多いでしょう。その時に、内祝いを贈る人のリストがあると便利です。リストには、贈る人の住所や連絡先の他、お祝いで何をもらったのか、いくらくらいの予算の内祝いを贈るのかを記載しておくと、スムーズに購入ができます。特に、予算別に分類しておくと、わかりやすく時間の短縮にもなります。 内祝いを贈られた人同士で、何をもらったのか話題に上ることがあります。その時に、同じ額のお祝いを贈ったのに内祝いの内容が異なると、後にトラブルになりかねません。そのため、同じくらいのお祝いをもらった人には、同じものを贈ることが無難です。リストを作成しておくと、贈り間違いを防ぐことができます。 内祝いを購入したら、さらにリストに何を購入したか追加しておきましょう。家計簿をつける時や、次に内祝いを購入する時の覚書となります。結婚や出産、子供の入学などお祝いをいただく機会は人生の中で複数あります。その度に、内祝いを考え直すことは大変です。どの店舗でいくらくらいの内祝いがあるのかを記録しておけば、手間を減らすことができます。さらに、内祝いを贈った後にコメントをもらっていればその内容も記録しておきましょう。どのような内祝いが喜ばれたのか参考にすることができます。

クレジットカードを念のため持参しよう

内祝いの予算をおおよそ決めていっても、予算をオーバーしてしまう可能性があります。ですが、内祝いの数が多いと、金額も大きくなり現金で持ち歩くことが不安という人も多いです。その場合、最低限の現金しか持ち歩かないため、結果として現金が足りなくなってしまうことがあります。お金が足りなくて、内祝いのグレードを下げざるを得ないということは残念なことです。 このような事態を避けるために、念のためにクレジットカードを持参すると良いでしょう。クレジットカードを持参するメリットは他にもあります。内祝いの購入は高額になることもあり、クレジットカードを利用することでポイントがたくさん付与されることが期待できます。また、クレジットカードと提携する店舗で購入すれば、割引が受けられることもあります。内祝いのグレードを下げてしまうよりも、お得に購入できる方法の方が、贈る方ももらう方も気持ちがいいものです。 クレジットカードに抵抗がある場合は、電子マネーを活用しても良いでしょう。現金を持ち歩くよりも安心感がありますし、クレジットカードと同様にポイントや割引などの恩恵を受けることができる可能性があります。クレジットカードや電子マネーを利用する場合は、これらの決済方法が可能かどうかを事前に確認することを忘れないようにしましょう。